サークル:チビタとクロのブログ

管理人の日々、ほとんどしてない(同人サークル活動+猫の写真、らくがき)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

土壁のリフォーム(シーラー処理→べニア→クロス仕上げ)

最近、部屋をリフォームしていました。

全自力で。

7月の終わりから8月実施
内壁:土壁

昔流行った土壁をはがして(10日ほど)

◆使用道具
農作業用草刈り?、包丁、養生テープ、マスク、保護メガネ、掃除機等

専門の職人?に頼むと、
ヘラのようなもの(長柄スクレーパー)を使って落としていきます。

霧吹きで、しっかりと濡らしやれば簡単に落ちます。
落ちた後は、灰色の壁になります。




壁の強化(シーラーを塗る事で壁を強くする)7日ほど

◆使用道具
ペイントローラー、ローラー用トレイ、刷毛(大、小)、養生シート、マスキングテープ等
シーラー(下地シーラー)
http://item.rakuten.co.jp/diystyle/shell-paint-sps03
強力な下地押さえ効果と、ヤニシミ止め効果で壁材の剥離を防ぎ、しみやヤニを防ぎます。
砂壁や繊維壁に塗装する場合、下地抑え効果があります。

との事で、上記URLの2リットルのやつをホームセンターで購入(3480円ほど)

現役のまま使うのが一番ですが、ものすごい勢いで使う事がわかり、
薄めて使う事に…。

記載では、6~14m2とかあったが、3m2すら塗れなさそうだったので薄めました。
半分から、3分の一程度の間まで薄めて使用しました。

あとで、ネット検索したら、木工用ボンドを水と1:1で割ったのを塗った場合でもよさそうでした。



少々の養生(3~4日)

一週間ほど立つと、非常に強度が出てきます。

勿論、原液で塗った方が強度が出ますが、もともとそれなりの強度があったので

さらに強度が出たということでOK。


べニアを壁のサイズに切り分ける。(4日ほど)

◆使用道具
べニア(1820*910mm程度)、鋸(のこぎり)、メジャー、まっすぐな定規になりそうなもの、やすり(粗め、中目程度)、電動やすりがけ機

べニアはホームセンターで購入(計算で17枚ほど、予備2枚で、計19枚

ちなみに6畳の部屋です。

ホームセンターには、厚さ2.3mm、4mm、5mm 12mmがあり

ネット上では、12mmが推奨らしいですが、私は4mmを購入。

施工後も、4mmがいいと思いました。

理由は、ある程度厚みがあり、べニア事態の強度がある。

また、施工がしやすく、2階部の為重量の増加が著しくないというのが理想的でした。

本格的な業者であれば、タイガーボートという、間仕切り用の建材がホームセンターでも売られていますが、

こちらを施工すると思いますし、実際の現場でも、本当によく使われている素材です。

ただ重量が極めて重く、3mmくらいで、20kgほどあるので、

16枚程度の施工でも、16*20kg=320kgと1階部に負担が像剤してしまうので、

よっぽど強い以外はお勧めできない。

また、天井部に近い面(窓の上の壁など)万日落下した場合に怪我をしかねないので、

そうした面を配慮しても、4mmが妥当ではないかと思いました。

べニア(1820*910mm程度、厚さ4mm 19枚 =13000円程度でした。


ひさびさの鋸を使う経験で、壁の寸法通りに切るのは大変だなーと思いましたが、

結構うまくぴったりに切る事ができて、意外とまっすぐに板を切る事にも成功しました。

その後、切る前に、電動やすりかけ機?でやすり全体をかけて表面をきれいにして
接着性を上げる行為をしました。

またべニアを切った後は、やすりで角を切れにやすりがけをしました。


べニアを壁に貼り付ける。(5日ほど)

◆使用道具
寸法通りに切られたべニア、電動ドライバー、釘、木工用ボンド、壁コンクリート用強力接着剤、ペイントローラー、ローラー用トレイ、刷毛(大、小)、養生シート、マスキングテープ等

べニアを、ボンドと釘で固定する作戦でしたが、

問題発生!、25mmの真鋳釘コーススレッドで施工をしていましたが、

壁と板がくっつかない…。

真鋳釘(しんちゅうくぎ)コーススレッドは、どうやらオススメみたいです。
コーススレッドは、一般的には抜けにくい釘なのです。

なので、45mmの真鋳釘コーススレッドを購入。(これ以上長くなると、15mmほど余裕があるが貫通の危険性もあり)

打ち込んだものの、どうもくっつきが悪い。

そこで考えたのが、壁コンクリート用強力接着剤です。

とはいえ、そこまですぐにつくタイプのモノではないですが、

これを釘の中盤まで塗り施工しましたが、効果絶大!

接着剤と壁の相性も良かった為、施工後に固まるという仕組みで

うまく施工することができました。

※接着剤が釘頭や周りについてしまう事があるので、なるべくはがしたほうがいい

なるべく釘頭がでないように深めに施工するとクロスきれいになります。



少し養生後、

コーキング剤ですきま埋め(1日)

◆使用道具
コーキング剤、コーキングガン、ヘラ

コーキング剤は、マンション(超大規模~小規模)から始まり、家庭の台所、風呂周り
ありとあらゆる場所に使われています。現場でも仕上げの面合わせにもよく使われています。

今回隙間をうまく埋める事で、壁紙(クロス仕上げ)の最終形の時にきれいになるのと、
施工を楽にするために行いました。

※段差よりも出るほど塗れない!塗りすぎたら取り除く

大体程度(マシになった程度できれば)個人的にはおkのLVで終了しました。




釘頭の処理(なるべく、段差をなくす)2日

◆使用道具
ディスクサンダ、養生テープ、マスク、保護メガネ、長袖、手ぬぐい

ディスクサンダという強力なのを使いました。

これはかなり危険な機械で、すぐに壁が削られます。
基本、鉄などを削るために使われるものです。

なので、熱い中を、長袖、首で手ぬぐい、帽子、マスク、保護メガネをした状態で作業。

少し使うと、慣れてきて使い方がわかってきてうまく削れるようになる。

基本、縦に削るのではなくて、

刃が回転している晩の上で、当たるか当たらないかを繰り返して、

徐々にあ立てていく感じだとうまくいきました。

最後は、かなり職人LVまでできたような気がしました。

完全に頭を切ってしまうと万が一べニアが外れてしまう可能性もないことはないので、

ほんの少し残す程度にして、終わりにしました。



壁紙を張る(クロス仕上げ)5日程度

壁紙はネットで購入(30m)柄は、白で、不規則な段差柄が入るものをチョイス。

◆使用道具
壁紙30m幅95cm程度、壁紙を購入してきたときについてきた壁貼り用の道具、スポンジ、水、雑巾、ハサミ、

不規則な段差柄の訳は、壁紙が万が一敗れた場合や継ぎ目がわかりにくい点が大きいです。

また。白なので、最終的な仕上げ処理を考えた時に便利です。

壁紙は、ホームセンターを見ましたが、値段がけっこうしたので、ネットで購入。

壁紙って高いイメージがありましたが、なかなか安く購入できたものの。

本当に、壁紙!ってかんじで、非常に薄い!

画用紙程度の厚みを考えていましたが、部長と昔買ったA4紙程度の厚みくらいしかなくて、

慎重に扱わないといけないことがびっくりしました。

しかし、施工は、購入元にあったように非常に簡単!

うまくできました。

始め見えないところで貼りましたが、空気がはいったままで失敗したものの

次からは、素人目線で完璧に貼る事ができました。

ただ、施工本や、ネットの情報だと、

5cm~10cmの余裕を持って貼るとありましたが、

あえてぎりぎりの寸法で施工しました。


1つには、壁紙を無駄にしたくなかったのと、

2つ目に、施工が簡単。無駄に余ると、そこでまた切る作業が手間がかかります。

また粘着性のテープで他も汚れる可能性があるので、なるべくあまらないように

あまっても1,2cm程度にするように切りました。

重ねて貼る場合ですが継ぎ目の処理については、

プロがやるぴったりにそれぞれを合わせるよりも

重ねたほうが見た目がきれいになりました!


付属でついていたローラーが凄く便利で必要ですが、柄の特徴も合わさって、

なかなか継ぎ目がわからない使用になりました。

重ねて貼る場合ですが、2~3cm重ねて貼れば、

10cmも重ねて貼る必要は無いと思います。


※重ねた部分はローラー必須。仕上がりのきれいさが違います。




養生後(1日くらい)

仕上げコーキング(家庭用水回り専用)  1日

◆使用道具
コーキング剤(家庭用水回り専用)、コーキングガン、ヘラ


仕上げに、壁紙と柱の隙間をコーキングで埋めて、角取りと仕上げをしました。

はっきり言ってこれをするかしないかで仕上がりのきれいさが違います。


プロの施工例でも、なかなかネット上では見かけませんでしたが、

重ねてはったり、する場合などに段差ができてしまったり、

壁紙を調整して、切った場合の失敗や微妙な隙間などを考えても

仕上げ処理をすることできれいさが段違いに変わります。

また、剥がれるのも端からなので、剥がれ防止にもなります。

ただ最後の仕上げなので、なるべく汚さないようにやるのが難しいかと思います。




というように以上で完成です。

さらにこだわる人は、仕上げのコーキングで塗りすぎた所を固まった後に、

カッターなどで切れにするのがいいかもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/11(土) 00:41:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<近況報告 | ホーム | 近況報告>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://challengeday.blog37.fc2.com/tb.php/340-cc9fc647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。