サークル:チビタとクロのブログ

管理人の日々、ほとんどしてない(同人サークル活動+猫の写真、らくがき)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

校庭の芝生化計画について(今年ハマっている事)

校庭の芝生化計画について(今年ハマっている事)


今年は、芝にはまっています!

その理由として、全国に広がっている校庭の芝生化計画について

今回は、話したいと思います。


去年は、あさがおを育てることに専念し、

多少道具を購入し、高さのあるアサガオを育てることができました。

今年は、”芝”に挑戦しようと思っています。

理由は、”だって気持ちいいんだもん~自分たちの力による校庭芝生化

というテレビを見たのがきっかけです。

『鳥取方式』で日本に新しい芝
小学校の校庭を芝生にして、裸足で走ろう!
特定非営利活動法人 ファングリーン

鳥取方式や活動内容については、詳しくは、上記のURLを参考にしていただきたいのですが、

テレビの内容では、

今、校庭の芝生化が全国で注目されて、そこで使われている
「鳥取方式」と呼ばれる新たな芝生化についてのものでしたが、
実に興味深い内容でした。

まず、この”校庭芝生化”に至るまでの経緯は、

鳥取市在住のニュージーランド人「ニール・スミス」氏が、
彼は6年前にNPO法人を立ち上げてのですが、
『日本には、なぜ芝の校庭がなく、土であるのであろうか?』
という疑問から始まりました。

というのも、ヨーロッパの学校の校庭は、芝が基本であり、
芝を植える事での小さいころからの転ぶことへの恐怖心がなくなり、
サッカーや屋外競技において強い理由であるという放送がされていました。

その一方では、「芝生は高価で維持管理が大変」という芝生に対する固定観念を
日本人がもっており、一般人にとっては敷居が高いという状態がありました。

実際に、日本における芝がつかわれている場所というのは、
一番はゴルフ場というのが多いですが、それを除くと、
観賞用として使われている場所が多く、
立ち入り禁止等されている場所が多く見受けられます。

そういう状況がある中で、校庭という広い面積のある場所を、
すべての芝生で埋め尽くすというのは大変なコストがかかるものだと
誰もが想像でき、実現不可能とさえ思う時期があったそうです。

そんなときに出会ったのが、
鳥取大学農学部の中野淳一准教授が行っていた『鳥取方式』という方法で、
一般的な芝に比べて、作付面積が狭くても、繁殖力が強く生育が安定しているというのが特徴で、
従来は、鳥取における砂漠化の対策の一つとして考え出されたそうです。

これが運命の出会いともいうべきもので、

この”鳥取方式”を使う事で、安価でもできる校庭芝生化
ができたのではないかというものでした。

日本の効率小中高等学校における芝生化普及率は
小学校で約4%、中学校で約3%、高校で約8%→くわしくはこちら
テレビの放送効果もあり、急速に広まりつつある活動でもあります。

鳥取県でもこの活動に関しては力をいれており→くわしくはこちら
東京都でも、盛んにこの運動は推進されています→くわしくはこちら
文部科学省でもこの件に力を入れており補助金が出ます→こちら

しかし、その一方で、

-
都市の緑化や子供が外で遊べる環境づくりのため、東京都は平成17年度から公立の小中学校の校庭芝生化に補助金を出し、28年度までに芝生化率100%を目指している。しかし、4月現在で校庭が芝生化されたのはわずか155校で、全公立小中学校(約1900校)の8%に過ぎない。なぜ校庭芝生化は進まない-。
隣の芝生は青くない? 校庭芝生化に黄色信号 目標達成率わずか8%
-
[ 【野球】校庭芝生化に黄色信号:「野球ができなくなる」などの意見 少年野球チームらの協力が不可欠なことから諦めた学校も多い ]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1272985338/l50
↓の内容が読める版(2ちゃんの反応)
[ 芸能ひまつぶし ]
-

こうした問題点もでています。


私自身もこの芝生による緑地効果については、すごく賛成がいくもので、
私同様に、賛成する方が多く、市民運動の一つとして広がっている運動
の一つではないかと思います。
感銘を受けた方々の記事↓
校庭芝生化・・チャレンジ横浜 NEO
ニール・スミス氏in「鳥取方式」ビジネスホテルアサヒ支配人のひとり言


校庭を芝生化することで、校庭で遊ぶということの促進にもつながり、
校庭を市民開放し、地域で参加できる校庭の活用化として成功している。
というような感じで終わりましたが、

私はそれ以外にも、都心部における、ヒートアイランド現象対策に対しても
大きな役割を関していくのではないかと注目しています。

その一方で、反対派の意見もあります。

校庭芝生化はサッカー界のオナニー
校庭芝生化と少年野球・続報。
実際に、この校庭における芝生化に関して、簡単に知人に話したことがあるのですが、
完全にいいという反応を得られませんでした。

こうした反対派の意見を聞いた時も、理解できる一面もありますが、
推進派の方々にとって、こうした反対派の意見をどう取り入れて進めていくか、
が鍵ではないかと思いました。

しかしながら、市民まで巻き込んだ大規模に活動している例をいうのは
そうそう珍しいのではないかと思います。。。。


こうした事があって、

趣旨は違うかもしれませんが、芝生に力を入れてみよう!思いました。

私の自宅の場合、

高麗芝(日本芝)ですが、栽培を始めました。家の一部ですが昔から植えてある芝をきれいに
もう一度整地しなおして、砂をふるいにかけて生育しやすいように整えて、芝を植えました。
芝生の張り方
べた張りに近い、目地張りという感じですが、
夏にかけて生育して埋まっていけばいいなーと考えています。

また写真についてはアップ予定!

スポンサーサイト
  1. 2010/05/22(土) 15:41:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<漫画、小説のネタになりそうなこと | ホーム | ヴァンパイアバンドが面白い>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://challengeday.blog37.fc2.com/tb.php/335-5912e4e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。