サークル:チビタとクロのブログ

管理人の日々、ほとんどしてない(同人サークル活動+猫の写真、らくがき)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続続・大きな川を隔てた、二つの村

プロローグ

昔あるところに、大きな川を隔てて、二つの村がありました。

お互いの村は、舟で行きかうほど交流が盛んな関係でした。

しかし、ある日のこと、

1方の村で、大きな火事が起きました。

しかし、火事が起きなかった村の人々は、

川を隔てた大きな火事を助けようとはしませんでした。

なぜなら大きな川があり、自分たちの村には被害が無いと

考えたからです。

しかし、火事があった村の人々は思いました。

被害が無いからといって、何もしなかった村に対して、

嫌な感情を始めました。

これがすべての始まりでした。
前回の続きから

橋を作る作業というのは、大変な作業でした。

一度崩され、流された川を再び繋ごうとする作業は、

その橋が壊される前、どういう想いで”橋は架けられたのか”

作る人たちはみな思いました。

もちろん、アスカ王国の商人”ジュテーム”も思いました。

壊すのは簡単、でも。

作り出す、架け続けることの難しさがそこにありました。

長く続く土地で、たしかに、よい関係ではなかった

この二つの村も、

だからこそ、橋を壊さなかったのかと、、、、

再び、橋が壊されないよう、、、

町同士が繋がりを絶たないよう、、

考えました。

1度はもう二度と壊れない橋を作るという意見も出たが、

立派な橋なんて無くて、いらない。

みんなが壊れそうになったら、いつでも、

直すように、

いつでも、

修復できるように、

二つの村に架けられた橋は、

まことに、

か細く、

弱弱しく、

今にも壊れそうな橋が架かっていました。

しかし、

その橋は、

二度と壊れることはありませんでした。

お互い国がどんなに大きくなったとしても、

END

スポンサーサイト
  1. 2009/10/21(水) 22:15:12|
  2. 小ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<賭博堕天録カイジ 感想 | ホーム | ワンピース 今が最も面白いとき(シャボンディ諸島編)>>

コメント

 はじめまして、コナタといいます。
 今回のシリーズが続きが気になってつい読み進めてしましました。記事を拝見して人間関係とは難しく、奥深いものだと改めて実感しました。さて、一つお聞きしたいことがあるのですが、これはアオリさんの今までの実体験から基づいたお話ですか?そうだとしたら、深い人生を歩んでいいるようで感銘をうけました。
  1. 2009/10/25(日) 01:25:50 |
  2. URL |
  3. コナタ #L1ch7n1I
  4. [ 編集]

はじめまして、ありがとうございます。

コメントを頂きありがとうございます!
コナタさんはじめまして~アオリです。

この話は、
一方の町には、被害が無いからといって、何もしなかった村に対して、蟠り(わだかまり)を持つ。
というのが前提で、これを軸に作りました。

たしかに言われるように、一人で困っていて助けて欲しい状況だと、周りに人がいれば助けてほしいなんて思う気持ちが、誰でもあるようなそんな些細なきっかけがもたらした大きな不幸があるかもしれません。私だけ不幸だとか、なんで助けてくれないんだろとか、自分で心の中で格闘したり、相手が明確だと何であの人、私こんなに苦労しているのに手伝ってくれないんだろとか、、そんなところから、、友達なり、仲間だったり、メンバー、お互いの関係に疑心暗鬼や嫌な感情が定着する。誤解とかも生まれやすくなる。(今回はその部分は書かず)。さらに今回悪い事に、それの状況を知った上で、第三者にいいようにいいよう利用されてしまう。普通ならこんな難しい状況だと関係修復するのは難しいかもしれないです。しかし、その第三者がお互いと自分を含めてもう一度なんとかしようと思う気持ちがあったからこそ、いつ壊れてもおかしくない、不安定な橋を作る。。という結論にもなるかもしれないです。。

自分自身の実体験に基づいた話で、書いたつもりは無く。本か、テレビか、ぱっとこれは面白いネタになると思ったのが書き始めたきっかけです。しかし知らず知らずのうちに心の奥底に眠る。自分の人生経験がもしかしたら入ってああなったのかもしれません。軸となる部分以外は、書いているうちにどんどんつながっていきました。すいません、自分でも良く分かってないです><


とにかく、わざわざコメントを頂きありがとうございます。嬉しかったです!
  1. 2009/10/27(火) 00:49:18 |
  2. URL |
  3. アオリ #-
  4. [ 編集]

コメント反映されてなかったので同じ事ですが2回・・・
はじめまして悠ノ悠と申します
すごいですね。
語彙が足りないのでうまく言い表せませんが詩的で対人関係っていうのでしょうか、そういうのが深いです
自分も4年間喧嘩して口も利かなくなった友達が居るのですが
少しずつでも声かけていこうかなと思いました
こんなにいいお話を読ませてくださってありがとうございます
相互でリンクお願いしてもよろしいでしょうか?
  1. 2009/11/08(日) 19:11:19 |
  2. URL |
  3. 悠ノ悠 #-
  4. [ 編集]

返信おそくなってすみません。

コメントいただきありがとうございます。悠ノ悠さんのブログの方で、返信させていただきました。
  1. 2010/01/23(土) 10:46:28 |
  2. URL |
  3. チビタとクロの管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://challengeday.blog37.fc2.com/tb.php/329-99af54e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。