サークル:チビタとクロのブログ

管理人の日々、ほとんどしてない(同人サークル活動+猫の写真、らくがき)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワンピース 今が最も面白いとき(シャボンディ諸島編)

長い事更新をするのを忘れ、一ヶ月以上書かなかったので、広告が出ていました。
広告を消す為に最近の事を書こうと思います。。。

アニメ、ワンピースを継続して見ていますが、

シャボンディ諸島編は、今までで最も面白い!!

今までも、ワンピースは面白いと思ったが、

シャボンディ諸島編は、別格の領域に達しているような気がする。。。(大げさかもしれないが)

逆に、

フォクシー海賊団編は、

つまらなくてここままだと連載終了してもいいんじゃないかというくらいつまらなかった。




ワンピースに対して考察すると、

大きな話の間に、休憩の話を続くというパターンで作られている。

大抵誰かを仲間にするか、誰かを倒す為というものが多いような気がする。


ワンピースの能力点で見ると、

ルフィーが、ゴムゴムの実という辺りも良い。→ぱっと見強すぎず、弱すぎない能力というのが良い。

ワンピースの場合、『悪魔の実』に非常に強さが関わってくるが、

主人公が強すぎても成長を見る過程が無いので面白くないし、

主人公が弱すぎてもやられてしまう。

いうなれば、ある程度の力が保証された能力という所が良い。


さらにルフィーが馬鹿なので、能力が急激に開拓されない。

『悪魔の実』は使い方次第で強さが決まる点も多いと思いますが、

徐々に開拓される事で、技が広がり面白みを増すし、成長するという点ができる。



『悪魔の実』に弱点があるというのが面白くさせている。

よくある漫画の設定でも、能力といえば利点だけで弱点が無いものばかり。

それに対して、『悪魔の実』に弱点があり、その弱点が

海賊なのに、海で泳げないという制約を付ける点が面白い。

これが面白いのは、上で上げた弱点であると共に、合点がいきやすい。

しかし、陸上に出てしまえば強いのは明らかだが、弱点を置くことで公平性を見せる点がよく考えられている。

他にも、相性があるという点で面白くさせている。

空島・黄金の鐘編のボス『エネル』、”ロギア”と呼ばれる最強能力系でも、

ゴムは、電気を通さないという理屈から、攻撃が伝える事ができる。伝わりにくくなる。

という、最強な能力でも負ける可能性がある。

これが凄く面白い設定。

見ている立場とすれば、確実に勝てるか負けるか分からない(ドキドキハラハラがある事がある)

というのは、やっぱりいいことだと思う。

他にも、決戦になる前に、メンバーがバラバラになって、それぞれの敵とぶつかり合わせるように仕向けるシナリオの進め方や、キャラがかぶらないように、毎回独特のキャラを用意している点など、やっぱり工夫して作られていると思う。

とまぁいろいろ書きましたが、

ワンピース、シャボンディ諸島編は、かなり面白いと思う。(第391話~第405話)
スポンサーサイト
  1. 2009/09/06(日) 21:07:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続続・大きな川を隔てた、二つの村 | ホーム | 涼風→妊娠END 感想→瀬尾のマンガは今後買いません。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://challengeday.blog37.fc2.com/tb.php/328-c4a52c0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。